2013年週刊少年ジャンプ26号感想 1600年台のギャグ漫画号

【一言近況】
巷で話題の『源君物語』を読んでみました。

簡単にあらすじを説明すると、昔いじめにあって女恐怖症になった主人公が
美人の叔母と同居することになり、さらにその叔母に
自分の研究のために14股することを命じられる、というものです。

きっとえっちな話なんだろうな~と予想はしていたんですが…
なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
勃起……しちゃいましてね…………


正直、読んでる間ずっと十倍界王拳状態でした。
一週ごとのページ数が少ないので、続刊が出るのが待ち遠しいです!

ではジャンプ感想です~。

【新連載・スモーキーB.B.】
ソウルキャッチャーズには、タイトルどおり、
心をつかむような描写と演出があります。
無刀ブラックには、合気柔術という題材で、
主にバキシリーズでその存在を知っている僕としては
わくわくさせられる期待性があります。

でまあ、いきなり苦言なんですが、
この『スモーキーB.B.』には、何も感じない…。

最初は「野球というさほど興味のない題材だから
面白くないのではないか」とも思ったんですが、
去年の上半期ごろ読んでたドカベンは
ページをめくるたびにワクワクドキドキ興奮してたんですよ。
だから決して野球という題材は問題ではないはずです。

ドカベンは連載で描かれるライバル校との戦いで興奮していて、
それに対してこちらはまだ新連載一回目だから
比較するのは間違いかもしれませんが…。

無刀ブラックでは「合気」という
バキファンである僕がニヤリとしてしまう題材があったから
興味を惹かれたわけですが、
ひょっとしたら、野球ファンがスモーキーを読んだら
「おっ、主人公はスモーキーなのか!こいつぁ面白いぜ!」
となるのかもしれません。

あと、この作品のマイナス面として、
主人公の皮肉めいたセリフがいちいちイラッとすることですかね。
「俺は洗面器の中じゃ溺れねーよ」をはじめとして、
皮肉ゼリフのほとんどが意味不明かもしくは
上手いこと言おうとして滑ってる感が否めなく、
読んでるほうとしては(´・ω・`)な気分になってしまうのです
(実際僕は読んでる間中ずっと(´・ω・`)な表情だった)。

さらにダメ押しするなら、主人公のキャラクターに
まったくといっていいほど魅力を感じないので
こんな好感度の低い主人公では
なんだか先行き不安な新連載だなあ…と感じてしまうのでした。


【暗殺教室】
「あなたを見ると私の触手が大変元気になるのです」ワロタwww
殺せんせー、それはひどいwww
淫猥な言葉にしか聞こえないもんな(笑)

田川さんはアレだな…すごく絶妙な感じでブサイクだ…w
ギャルっぽくしゃべってる律っちゃんはすごく可愛いけど、
同じしゃべり方の田川さんは崩拳かましたくなるもんな…。
まあ性格的な理由もあるんだろうけど、これはムカツクなw


【読切・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~】
ワンピの代原ということで、このテの読切としては
異例といっていいほど上の順位で掲載されることになった読切です。
しかしこの異彩にして異才の作品が読者の目に触れやすい場所に掲載されたことは
これは実に僥倖というか、巡り合わせの妙といえるのではないでしょうか。

26isobe.jpg

何はなくともこの絵ですよねw
説明するまでもなく浮世絵なんですけど、その画風をそのまま持ってきて
ギャグ漫画にしてしまうっていうのは少なくとも僕は今まで見たことないです。
よくうすた先生やシノケン先生が1980年台くらいの
少女漫画風絵柄をギャグにすることがありますが、
こっちは1600~1800年台ですからね(笑)

いやあ、正直、スモーキーじゃなくて
こっちを新連載にしてほしかったなあw
この絵は出オチ感も強いから連載となると
だんだんとインパクトが薄れていってしまう予感もしますが、
少なくとも初見の衝撃はスモーキーより断然上だった!

ワンピが休載しなければたぶんNEXTあたりに掲載されたと思うんですが、
ジャンプ編集部はとんでもない隠し球を持っていましたね…!


【無刀ブラック】
今回のお話は「武士とはなんぞや」ということを
雪路さんが語っていく話だったわけですが
そこらへんは正直どうでも良かったり(笑)
武士道について僕は特に思うところはないので…。

今回注目したいのはやはり「黒月流膝行」ですね。
あまり膝行について僕も詳しくなかったんですが、
膝行でググるとやはり合気道についていろいろ出て来ました。
一番分かりやすかったのはYahoo知恵袋のやつでしょうか。
参考→「合気道の膝行(しっこう)って何の意味があるのですか?」

上のリンク先の文章を引用させてもらうと、

合気道はもともと大東流という古流柔術がもとになっています。
その大東流は、もともとは会津藩の御留武術、
つまり藩の中の上級武士にしか教えてはいけない武術でした。
大東流が伝えられていた頃の日本はと言えば合戦はなく、
上級武士は専ら城中で生活していました。
そのために大東流は城中(殿中)の中での護身術として発達したわけですが、
上級武士は儀礼として常に袴を穿き、正座若しくは
それに近い体勢で日常生活をおくっていました。
更には目上の人間に対するときは、膝を付いたまま歩み出る、
つまり膝行という作法を守らなければならなかったのです。
(中略)
つまり技のために膝行という動作が作られたのではなく、
膝行で行動しなければならない文化の人たちが学ぶ武術であったために、
膝行を移動法の中核に据えた技術体系になったという順番なわけです。


ということのようです。

ここから、黒月流合気柔術が屋内用の護身術として発展した
経緯がうかがえますね。
戦場格闘技に端を発している陣内流柔術とは一線を画すわけです。

また、雪路さんも元居た所(新月の国)では
かなりの上級武士だったのでしょう。
しかし新月の国はもう既に亡く、改易によって国を追われた
雪路さんは江戸にやってきた、ってことなんでしょうね。
順番としては、国を追われた後に新月の国が亡くなったのかな?

話を膝行に戻しますが、またしても少年漫画としては
だいぶ地味~な戦い方が出て来ましたね。
今後出てくるであろう強敵との戦いのすべてを
まさか座技で行うわけでもないでしょうが、
少年にウケるかどうかはともかく、
こういうのを描こうとする野々上先生の気概は
けっこう気に入るところでもあります。

座った状態での闘いはバキで渋川老もやってましたね。

26mutou.jpg

↑黒月雪路の座技


26sibukawa1.jpg

26sibukawa2.jpg

↑渋川剛気の座技

今回は野々上先生の技もだいぶ動的でありますね。

この作品、感想を書こうとすると
まず合気道についての基礎的な知識が求められるので
自ずとそういうサイトなりを参考にするのですが、
連載が進むにつれてどんどん詳しくなっていきそうです(笑)
作者の野々上先生は、やっぱり合気道をやっているのかな?


【ナルト】
ここにきて第七班復活とは!
特にナルトのファンというわけではない僕ですが、
さすがにこの展開は胸熱だぜ…!


【トリコ】
トリコ「何度も、何度でも立ち上がろう…
小松…お前を護るためにな…!」


先週もだいぶホモホモしかったけど、
今週もけっこうなもんだな(笑)


【ソーマ】

26souma.jpg
Yes!マジカル☆キャベツ!

何だコレwww
堂島先輩マジキモイっすwww


四宮シェフの料理を食ってコレなら、
田所ちゃんの料理を食ったならスマイルになるのか、
もしくはドキドキしちゃうのかな?
何にせよ、料理漫画には後出し勝利の法則があるので
勝者は田所ちゃんで決まりでしょうね。


【ソウキャ】
分からんなー、この2人にどんな問題があるのだろう?
感想は真相が明らかになる次週待ちですかねー。


【読切・終わりのセラフ】
ものすごく申し訳ないことに、僕はSQを買っておきながら
ためてる状態がずうっと続いているので、
実はこの「終わりのセラフ」もまったくの未読状態だったりしますw

ただ、この読切は面白かったので
ちゃんとSQ本誌のやつも読もうと思います。

そうそう、こないだ掲載された『キングダム』ですが
無料公開されてたやつを読んだらめがっさ面白かったです!
河了貂ちゃんかわいい!


【スケダン】
サラダの国のトマト姫ですね、わかります。

ユウキくんがしゃべらなくなった原因がいじめじゃないとしたら
たぶんあのハゲ親父のせいなんじゃないのかなー。


【ニセコイ】
小野寺ちゃんの妹キタ━(゚∀゚)━!

前々からその存在を匂わせていた小野寺ちゃんの妹がついに来ましたね!
なにげにポーラちゃんも入学してきちゃったし、
これは楽しいことになりそうだぜ!

でもこれで春ちゃんやポーラちゃんまで楽に想いを寄せるようになったら
それこそ斉木に「ラブコメの主人公」呼ばわりされるだろうな。
いや、ラブコメの主人公だけどさ…(笑)


【ハイキュー】
普通に面白すぎてどう感想を書けばいいのか分からない!


【銀魂】
花山薫の握撃会www

昔、澤井啓夫先生の読切か何かで花山がネタにされたことがあって、
その時は特にクスリともしなかったんですが
今回は笑ってしまったなあー。

いちおう説明しておくと、花山薫というのは
バキシリーズに登場するヤクザです。
一切の鍛錬をしていないのにクソ強い人で、
特にその握力は重ねたトランプの一部を引きちぎるほど強烈。

26hanayama1.jpg

26hanayama2.jpg

しかし銀魂でバキネタかあ…。
以前に村田先生のヘタッピマンガ研究所Rでも
ちらっとバキの名が出て来ましたし、
やっぱけっこう読まれてるんですねえ。


【トリガー】
ユーマの腕はどうやったら治るのかな…?


【エジソン】
扉絵のスピカちゃんがなんかやたら可愛かったです。


【クロス】
パスしない理由が「嫌いだから」っていうのもすごいなw


【拍手返信】
本家への拍手コメント、ありがとうございます!

『例の重大発表、すごく心配・・・。まあ、ネウロ、アイシールド21、そしてHunterと、ことごとくがああなっといて四度目はあるまい・・・きっと・・・。ハイキューや斉木はともかく、暗殺はクラスメイト多くてまだキャスティング無理だから早くてもあと10ヶ月は先だろうな。』
加えて、スケダンも微妙だったしね…。
ニセコイがアニメになったとして、見るかどうかは微妙だな。
ってかたぶん見ないだろうな…。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ワンピースの代原」
前回の「明るい人」といい
ワンピースの代原はレベルが
高いですよね~

「ニセコイ」
前々から噂の小野寺ちゃんの妹こと
シス寺ちゃんがきましたね!
これで小野寺ちゃん絡みの話が
増えるんじゃないかと期待wktk

ちなみに裏表紙の広告
他が全て主人公なのに何故か小野寺ちゃんktkr
これで勝つる・・・!(何に?w)

「ソーマ」
四宮シェフが本気出してないから~で
完璧に敗北フラグが立ちましたね^^
水原ちゃん可愛いなあ

No title

サスケ君の火影になる宣言を聞いた直後は
何言ってんだコイツってのと、
でも木の葉に対して抜け忍以外何の害も加えてないのかぁと思っていたが、
あまりに昔のことで忘れていた。
コイツ6代目火影殺ってんじゃん。

No title

>サラダの国のトマト姫ですね、わかります
やっぱりあのゲームを想像しましたか。
今思うと、ラスボスも主人公のお供が倒すゲームは
あれぐらいなもんだと思います。

No title

今回の堂島さんを見たとき、どうしても
魔法少女プリティ☆ベルを思い出さざるをえなかった。
読んだことあります?

>ソーマ まぁソーマが退学にならず学校の格も落とさないとなると四宮が手を抜くしかないですよね
>ハイキュー ハイキューを囲んでワイワイ語り合いながら居酒屋で呑むのが野望です

>クロマネ なんというか…強豪の後ろに(笑)をつけたくなりました…試合に私情を持ち込む強豪ェ…

鶇マリーを既にもてあましてるのにまた女の子増やすのは悪手じゃないの。
あと席替え全く意味なかったしこれからのストーリー大丈夫かな?

No title

>磯部磯兵衛
これは新感覚でしたねえ!同時に一発ネタ感もしますから
連載はきついかもしれませんが読み切りとしては抜群のインパクトでした
しかもこの読みきり、アンケ欄に該当の27番が無いのが
また心憎いですよね。書こうと思ったら番号が無くて「やられたな」とw

あと下の要素だけ抜き出せば、ネタ的に母子相姦マンガに
なるのではないかと思います
①エロ本の所在をなぜか最後に教える
②わざわざ服を着替えて息子に見せ感想をねだる
③しかもそれが「見返り美人図」(誘ってる?)
④息子が可愛くて仕方のない母上
夫のエロ本を息子の部屋にわざと置いて
息子の性を芽生えさせていたら完璧かと

>律ちゃん
色気のない現代風学校指定水着の中で一人だけスク水って
どんだけあざとくて素晴らしい娘なんでしょうか彼女は
おまけにギャル口調が全くマイナスになっていないし
女の子のラブレターとか読ませてみたい……

No title

重大発表、orz・・・。作品を貶めるわけではないんですが、ニセコイはまだまだラブコメ作品としては井の中の蛙なんですよね。だから不安

暗殺 こんな感じで生徒の大半のメイン回やっていくとしたら、どの生徒も百億逃さまいとしてるので、最終章すごい複雑なのになるかもですね。(今のところ28人中10人)

No title

今週のこち亀で「いくらだと思う?」とか「幾つに見える?」
って質問への応答のくだりは正直同感だった。
ヘタに当てると怒られるし、外し過ぎてもわざとらしさが出るし、
正解よりいい数出すと空気悪くなるし、
結局アレに対する回答はなんなんでしょうね。

No title

黒子でこんなしっかりした過去編で出てくるってことは
今回出てきた萩原君が洛山の5人目なんだろうね。

No title

斉木に出てきた恋太郎を最初はどこのリトだよと思ったけど
しばらくして考えが変わった。
こいつこの姿で霊ってことは、あんだけモテてたのに
誰ともくっつかないまま死んでしまい
且つそのことを特に気にしてないってことになる。
純粋を通り越してEDだったんじゃないかコイツ。

No title

議論で荒れたりしたら申し訳ないので、表示するかは任せます。

例の児童ポルノ改正法案、論外としか考えられないですなあ。いつかの総理が秋葉原で演説してたのはやはり話題ねらいだったのか・・・。
理由の一つに、他の国がやっているからどうとか言ってるけど、犯罪数はともかく、そもそも日本の漫画・アニメ文化の規模たるや、人口最大の中国を含めたすべての他国を集めたものよりも上であるというのだから、参考になるはずもないんですよね(世界的に、欧米圏では顕著だが、海外の人たちはオタクのような人しかmangaを読まないから)。

No title

>【読切・磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~】

意表を突かれすぎてすぎて笑ってしまいましたw
この人の本が出たらとりあえず買うリストについかしましたよ!!
この先どのような作品で世に出てくれるのか楽しみで仕方が無いですw


>【トリガー】
>ユーマの腕はどうやったら治るのかな…?

前にオサム君が学校内で戦ったときやられちゃったけどトリガー解除されただけで腕とか復活してたのでユーマ君もトリガーが解除されたら元に戻るんじゃないかなー?と思います。

コメント返信1

>さやかさん
>>代原
噂によると、来週もワンピは休みなので次号にも磯部が載るという…?
>>ニセコイ
小野寺ちゃんはスポット当たりづらい事が多いので、これで少しでも出番が増えてくれるといいですね~。
>>ソーマ
今回の魔法少女で水原さん株が急上昇しました!

>ななしさん
まあでも、何だかんだでサスケのやったことはなあなあで許されてみんな彼を受け入れちゃうんでしょう。
ところで、六代目火影って誰でしたっけ…?
自慢じゃないが、ナルトに関しては毎週斜め読みしてるから作中で出てきた知識は右から左に素通りするんだぜ!

>名無しさん
僕はゲームセンターCXで有野課長がプレイしていたのを見た程度なので、あまり詳しくはないんですけどね(笑)

>ななしさん
ちらっと読んだことはあるんですが、ギャグ漫画なのかと思いきや意外と真面目なバトルをやっててちょっと期待を裏切られた感がありました…。

>もももさん
>>ソーマ
そうですね、四宮シェフが本気で挑んで田所ちゃんに負けたんじゃ「卒業生って大したことないんじゃね?」ってことになりかねないですからね。
>>クロスマネジ
強いからこそ、最善手より私情を優先してしまったのかもしれません。今まではそれでも余裕で勝ててたんでしょうしね。

>地方民さん
悪手かもしれませんが、とりあえず人気は取れてるみたいなので大丈夫じゃないでしょうか。
どうやら世間一般では、ジャンプ感想界で言われてるほど「ニセコイの作劇のマズさ」には目を向けてないみたいですし。

>名無しさん
>>磯部
どうやら次号にも磯部が載るらしいので、それで読切限定か、連載でもいけるかがある程度測れると思います。
>>律っちゃん
旧スクだったら完璧だった…!
ギャル語に限らず、どんな喋り方だろうと要は「顔」なんですよね。

>名無しさん
>>重大発表
井の中の蛙の「井」というのは=ジャンプ、ってことでしょうか。
ジャンプの中で人気作ならば、アニメ化するのはまあ当然といえば当然かと。
ジャンプということにこだわらず、純粋にラブコメ作品としてのクオリティというならば至らぬ点はポコポコ出てくると思いますが(笑)

>愚民さん
こち亀読んでないのでよく分からないですが、別に相手の意向とか気にせず普通に自分の思った数値を言ったらいいんじゃないですかね。空気とか知ったこっちゃねーw

>名無しさん
洛山の五人目って出てきてなかったんでしたっけ?
黒バスは、ナルトに次いで斜め読みしてる作品なのでよく覚えてないっすwww

>名無しさん
EDだったかどうかは知りませんが、童貞だったことは間違いないですね。
死因を考えてみましたが、ヤンデレ娘に好かれてしまって「好きだから殺す」という憂き目に遭ってしまったのかもしれません。

>さーべさん
僕は情弱なのでその法案についてはぼんやりとしか分からないんですが、出版社の人たちがこぞって抗議するという話も聞いているので、まあ、大丈夫なんじゃないでしょうか(適当)

コメント返信2

>楽園さん
>>磯部
古すぎて新しい、という今まで誰もやったことがないことをやったのは素直に評価できると思います。
>>トリガー
そういえばそんな設定でしたっけ…。
腕切断なんていうけっこうな重大事も、トリガー解除でポコッと治っちゃったりするのか。便利というか、ご都合主義というか(笑)
FC2カウンター
プロフィール

管理人⇒松竹梅
ここは基本的にはジャンプ感想サイトですが余裕があれば日々のことも書いていきたいと思ってます。

mixiはこちら。

Twitterはこちら。

昔のジャンプ感想はこちら。

カレンダー
<08 | 2017/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード